2019年08月19日

【桃太郎 行動力凄いですね!】韓国の釜山で日本人を入店拒否した店に電話かけてみた

【桃太郎 行動力凄いですね!】韓国の釜山で日本人を入店拒否した店に電話かけてみた


ショング君はもう日韓に関して語ったりするのを止めた方が良いです。
ショング君が日本の為にいろいろとしてくれるのは我々日本人は本当に嬉しいですが、
ですが、ショング君は韓国人。韓国人である貴方が親日的行動をするのは本当に危険です。
最近でも国連だったかの会場かは忘れてしまいましたが、
日韓の歴史に関して事実を語った韓国人の教授が暴行を受けるという事件も発生しています。
確か犯人は韓国人だと報道してました。今の反日韓国人は親日韓国人、
貴方みたいな韓国人すらも排除しようとしています。
なので親日的な行動をするのは本当に危険です。情勢より自分の身の安全を優先して下さい。

シェア元タイトル
韓国の釜山で日本人を入店拒否した店に電話かけてみた
シェア画像動画URL
https://youtu.be/UuhVIcs7b2I
シェアURL
埋め込みリンク


【 #警察 の癒着をゆるすな】トランプ大統領の「不法移民」排除は正しい!
欧米は、不法移民(不法就労)を国外退去させますが、
日本は外国人だけを犯罪人にして国外退去させています!日本は国際法を守りましょう!

癒着をやめて、不法就労者を雇用する事業者を処罰する「 #不法就労助長罪 」を適用すれば、
不法外国人は、働く場がないので、来日しません!

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年8月8日は 立秋「りっしゅう」、秋の気配が立つというので立秋という。夏とはいえ時折秋の気配が感ぜられ涼風が吹き始めるので涼風至白露降寒蝉鳴りょうふういたりはくろくだりかんせんなくと言われている。涼風とはこの日より四十五日の間西南坤(ひつじさる)の方向より吹く風のことを言い立秋にこの風が吹けば五穀良く熟す。又反対の艮(うしとら)より風吹けば秋気和せずと言われている。
★おはようございます。今日のホワイトハウスの写真です。米国も選挙が近かづくと「小泉劇場」にような「ビジネス政治ショー」が「メディア」を動かす。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/05/POTD-May-15-1200x800.jpg
※起訴状をみてください。訴因 と適用法がすり替わっています。1)日本語の原文は http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf  2)私の翻訳は http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf  文末に「茶色」で私のコメントを書いています。このコメントを読んでいただければ、理解できます。「入管法」は http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4  
●貴女がこれを「拡散」してくれると私は強くなれる。http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 
★<注目>私は、2つのことを「訴えて」います。これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して刑法の60条および62条の「ほう助罪」を「適用」することは「クレイジー」です。これは法の論理が狂っている。詳しくは、http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
posted by 長野トミー at 05:16| Comment(0) | 政治・社会・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください