2019年08月20日

三太郎、鬼退治をしてくれ! 2019-08-20:拝啓、 韓国は日本との条約を守りません。 これに怒った日本政府は韓国を「ホワイトのリスト」から除外しました。 日韓の関係は「国交の断絶」へと進んでいます。歴史は1945年に戻っています。 この時代「国連の機関」は役にも立ちません。

三太郎、鬼退治をしてくれ!


国際刑事裁判所(ICC)へ


2019-08-20:拝啓、
韓国は日本との条約を守りません。
これに怒った日本政府は韓国を「ホワイトのリスト」から除外しました。
日韓の関係は「国交の断絶」へと進んでいます。歴史は1945年に戻っています。
この時代「国連の機関」は役にも立ちません。


第1部。記事では、「造園会社および責任者」が「処罰」された、とは書いていません。
おそらく、「いつものとおり」の「extremely close relationship」で
違反者を「処罰」をしなかったのでしょう。
入管法に違反して「働く資格のないフィリッピン人」を不法に雇用した
「造園会社および責任者」を「処罰」しないで
「不法な労働」をしたフィリッピン人だけを「処罰」することは国際法違反です。

入管法73-2条「不法な就労を助長する罪」は「売春防止法」と同じ論理なのです。
「不法な労働者」を雇用する者がいなければ「不法な労働」はできません。

入管法73-2条「不法な就労を助長する処罰」は「以前から」あります。
しかし2010年7月に改正されました。
雇用者が”この法律を知らなかった”という言い訳は許さない」が施工されました。
しかし従来から「警察」と「雇用者」の「癒着の関係」によって
「雇用者」を「処罰」しない場合がほとんどです。

入管法22-4-4条の支援を「犯罪の理由」をとして「犯罪人にする」ことはできません、
入管法70条の違反に対して刑法60条および62の条の
「支援の罪」を適用することは「適用する法律の違反」です。つまり「False charges」です。
この論理を検察は未だに理解しません。

貴方は日本の移民行政が「腐った状態」であることが理解できると思います。
皆様にお願いします。
この法の論理を日本政府に説明できる、国際的な法学者をご紹介ください。
来週に続きます。

下記の「サイト」で「 bill of indictment」 をご覧ください。
この事件はこの「 bill of indictment」を見ただけで、
貴方は「適用する法律の誤り」を理解できます。

「英文翻訳」と「日本語の原文」のPDFをご覧ください。
個人情報の取り扱いには十分な注意をして下さい。
●英文の翻訳 「起訴状 letter of indictment」 
「Indictment against Yasuhiro Nagano KinGungaku」
英文翻訳は参考です。正確には、各自で行ってください。
http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf
●日本語原文 「起訴状 letter of indictment」 
「Indictment against Yasuhiro Nagano KinGungaku (Japanese) 」
英文翻訳は誤りです。英文翻訳は上記の「PDF」をご覧ください。
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
●関連法律をご覧ください。(日本語および英文翻訳)
1)出入国管理及び難民認定法
Immigration Control and Refugee Recognition Act
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail/?id=3039&vm=&re=
2)刑法
Penal Code
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail/?id=3130&vm=&re=
3)日本国憲法
The Constitution of Japan
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail/?id=174


第2部。私は、2つのことを「訴えて」います。
これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。
事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。
私たちの「honorの回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。
世界が「法の下で統治」を無視するならテロで解決するのは当然です。しかし、クレイジーです。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処罰」しましたが、「雇用者」を「処罰」していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして「恣意的」に外国人だけを「処罰」することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が「無罪」であるならば、違法に働かされた外国人も「無罪」です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、
入管法70条に対して刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは
「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
「起訴状」が指摘する入管法22-4-4条の「犯罪の理由」は入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
被害者は世界にたくさんいます。


敬具。Yasuhiro Nagano

長野恭博



ICCへお願い ******

私は、告訴の資料は、すでに提出しております。
このメールは、追加資料です。
捜査の進捗状況を私にご連絡ください。不足資料はご請求ください。


私の情報 ******

下記のプログにて公開しております。
http://momotato-samurai.seesaa.net/








不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

**********************



#MeToo Human rights victim!


To the International Criminal Court (ICC)


2019-08-20: Dear Sir,
Korea does not follow the treaty with Japan.
The Japanese government, which was angry about this, excluded Korea from the “White List”.
The relations between Japan and Korea are progressing to “breaking diplomatic relations”.
History is back in 1945.In this era, “UN organizations” are useless.


Part 1. The article doesn't say that "landscaping companies and managers" were "punished".
Perhaps you did not "punish" the offender with "extremely close relationship," as usual.
It is international to "punish" only Philippine people who have done "illegal labor"
without "punishing" "landscaping companies and managers"
who illegally hired "Philippines who are not eligible to work"
in violation of the Immigration Act It is against the law.

Immigration Law Article 73-2 “Sin which promotes illegal employment” is the same logic
as “Prostitution Prevention Law”.
“Illegal labor” is not possible without a person who employs “illegal workers”.

Immigration Law Article 73-2 “Punish to Promote Unlawful Employment” is “from the past”.
However, it was revised in July 2010.
"I don't allow excuses that employers didn't know this law" was implemented.
However, the “employer” is often not “punished”
by the “adhesion relationship” between the “police” and the “employer”.

The support of Article 22-4-4 of the Immigration Control Act cannot be "criminal"
as "reason for crime"
Applying the “Sin of Support” in Articles 60 and 62 of the Criminal Code
for violations of Article 70 of the Immigration Control Act is a “breach of applicable law”.
In other words, “False charges”.
Prosecutors still do not understand this logic.

You can understand that Japanese immigration administration is in a “rotten state”.
I ask everyone.
Please introduce an international jurist who can explain the logic
of this law to the Japanese government.
Continue to next week.

Please see "Bill of indictment" at the following "Site".
In this case, just by looking at this “bill of indictment”,
you can understand the “error of applicable law”.

Please see “English translation” and “Japanese text” PDFs.
Please be careful when handling personal information.
● Translation of English sentence “letter of indictment”
"Indictment against Yasuhiro Nagano KinGungaku"
English translation is for reference only. To be precise, do it yourself.
http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf
● Original Japanese text “letter of indictment”
"Indictment against Yasuhiro Nagano KinGungaku (Japanese)"
English translation is incorrect. Please see “PDF” above for English translation.
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
● Please see related laws. (Japanese and English translation)
1) Immigration Control and Refugee Recognition Act
Immigration Control and Refugee Recognition Act
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail/?id=3039&vm=&re=
2) Criminal law
Penal code
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail/?id=3130&vm=&re=
3) Constitution of Japan
The Constitution of Japan
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail/?id=174


Part 2. I “sue” two things.
This is an “international” “human rights violation” by the Japanese government.
It has been nearly 10 years since the incident. My life is limited.
We ask for your support so that our “honor recovery and compensation” will be carried out.
If the world ignores “governance under the law”,
it is natural that terrorism resolves. But crazy.

1. Foreigners performed “illegal labor” other than “qualification of residence”.
But foreigners are innocent.
Only foreigners were punished for the immigration law article 70 “Illegal Labor Crimes”.
On the other hand,
the Immigration Control Law punishes employers who are “causal”
of illegal labor under Article 73-2 of the Immigration Control Law
(crimes that promote illegal employment).

However, the Japanese judiciary “punished” foreigners only, but not “employers”.
This is clearly contrary to the principle of equality under the law
And it violates international law that prohibits "arbitrarily" "punishing" only foreigners.

If an employer who hires a foreigner illegally is "innocent",
an illegally employed foreigner is also "innocent".
If so, there is no “person who supported other crimes of the Penal Code”
against Article 70 of the Immigration Control Act.
"I, KinGungaku, Philippine diplomat, Philippine embassy official" is innocent.

2. The prosecution is “applying” the “crimes to support other crimes”
in Articles 60 and 62 of the Penal Code against Article 70 of the Immigration Control Act
on the grounds of “support of the Immigration Act 22-4-4” It ’s crazy.
This is out of logic in the law.

A foreigner acted as prescribed in Article 22-4-4
(Acquisition of status of residence by submitting false documents).
However, there is no “criminal punishment” for this.
Disposal is “cancellation of status of residence” and “forced relocation”
by the Minister of Justice.
Therefore, the “crime to support other crimes”
in Articles 60 and 62 of the Penal Code is not applicable.
The “reason for crime” in Article 22-4-4 of the Immigration Act pointed out
by the “indictment” has no causal relationship with Article 70 of the Immigration Act.
The logic of the law is completely crazy.

The Japanese government has "crush" "sue".
However, “crush” by state power is “stop” of “Statute of limitations”.

The materials are below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
There are many victims in the world.

Best regards. Yasuhiro Nagano


Request to ICC ** ****

I have already submitted documents of complaints.
This mail is an additional document.
Please contact me with the progress status of the investigation.
Please request the missing material.

My information ** ****

We are publishing at the following program.
http://momotato-samurai.seesaa.net/



Name Yasuhiro Nagano Yasuhiro Nagano




For uncertainties, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 08:52| Comment(0) | 国連・ICC・大使館・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日のつぶやき










































































































































































posted by 長野トミー at 00:01| Comment(0) | 政治・社会・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする