2019年07月31日

三太郎、鬼退治をしてくれ!2019-07-31 :拝啓、明日から入院しますのでメールの送信は休止します。 8月6日より再開します。 送信が再開されない場合は私の身辺に危険が迫っていると思ってください。


2019-07-31 :拝啓、明日から入院しますのでメールの送信は休止します。
8月6日より再開します。
送信が再開されない場合は私の身辺に危険が迫っていると思ってください。


第1部。日本の警察官や検察官は言った。
「お前は「General logic」でお前の犯罪を認めるべきだ」。
これが日本の司法の事実です。
「 bill of indictment」(Kisojo)を見てください。

日本は「法治国家」のはずです。
実態は「 bill of indictment」を見ていただければ100%理解していただけます。

私は検察官にObjectionsした。
しかし検察官は言った。
「誰が貴方の言うことを信じます、か」。
「誰も貴方の”法の論理”を信じません、よ!」。
事実だった。日本人は誰も信じない。
しかし、大使閣下などの外国人は私を励ましてくれる。
有難うございます。
「訂正」します。
「唯一」、私の「論理」を「支持」した「人たち」がいた。
それは「prison officer たち」です。
しかし「prison officerたち」には私を助ける「権力」がない。

貴方は日本の司法行政が「腐った状態」であることが理解できると思います。
8月6日に続きます。

下記の「サイト」で「 bill of indictment」 をご覧ください。
この事件はこの「 bill of indictment」を見ただけで、
貴方は「適用する法律の誤り」を理解できます。

「英文翻訳」と「日本語の原文」のPDFをご覧ください。
個人情報の取り扱いには十分な注意をして下さい。
●英文の翻訳 「起訴状 letter of indictment」 
「Indictment against Yasuhiro Nagano KinGungaku」
英文翻訳は参考です。正確には、各自で行ってください。
http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf
●日本語原文 「起訴状 letter of indictment」 
「Indictment against Yasuhiro Nagano KinGungaku (Japanese) 」
英文翻訳は誤りです。英文翻訳は上記の「PDF」をご覧ください。
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

下記サイトで、「出入国管理及び難民認定法」
(Immigration Control and Refugee Recognition Act)の最新の全文を確認できます。
(日本語および英文)
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4


第2部。私は、2つのことを「訴えて」います。
これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。
事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。
私たちの「honorの回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。
世界が「法の下で統治」を無視するならテロで解決するのは当然です。しかし、クレイジーです。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処罰」しましたが、「雇用者」を「処罰」していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして「恣意的」に外国人だけを「処罰」することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が「無罪」であるならば、違法に働かされた外国人も「無罪」です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、
入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
「起訴状」が指摘する入管法22-4-4条の「犯罪の理由」は入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

被害者は世界にたくさんいます。

敬具。Yasuhiro Nagano


ICCへお願い ******

私は、告訴の資料は、すでに提出しております。
このメールは、追加資料です。
捜査の進捗状況を私にご連絡ください。不足資料はご請求ください。


私の情報 ******

下記のプログにて公開しております。
http://momotato-samurai.seesaa.net/








不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

**********************



#MeToo Human rights victim!


To International Criminal Court


2019-07-31:Dear Sirs, I will be hospitalized from tomorrow,
so I will stop sending emails. It will resume from August 6th.
If transmission does not resume, please think that there is a danger on my side.


Part 1. Japanese police and prosecutors said.
"You should admit your crimes in" General logic "."
This is the fact of Japan's judiciary.
Look at "bill of indictment" (Kisojo).

Japan should be a "legal state."
The reality is 100% understood if you look at the "bill of indictment".

I was Objections to the prosecutor.
But the prosecutor said.
"Who will believe what you say?"
"Nobody believes in your" logic of law ", yo!".
It was a fact. No Japanese believes.
However, foreigners such as ambassadors are encouraging me.
Thank you.
"Correct.
There were "only", "people" who "supported" my "logic".
That is the "prison officers."
But the "prison officers" have no "power" to help me.

I think you can understand that Japan's judicial administration is "rotten".
It will continue on August 6.

Please see "bill of indictment" at "site" below.
If you look at this case "bill of indictment",
you can understand "error of applicable law".

Please see the "English translation" and "Japanese original" PDF.
Please be careful about the handling of personal information.
● Translation into English "Indictment letter of indictment"
"Indictment against Yasuhiro Nagano KinGungaku"
English translation is for reference. Exactly, please go by yourself.
http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf
● Japanese original text "Proceeding letter letter of indictment"
"Indictment against Yasuhiro Nagano KinGungaku (Japanese)"
English translation is incorrect. For English translation, please see the above "PDF".
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

You can check the latest full text of the Immigration Control
and Refugee Recognition Act at the following site:
(Japanese and English)
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4

Part 2. I "suing" two things.
This is an "international" human rights abuse committed by the Japanese government.
It will be nearly 10 years from the incident. My life is limited.
We ask for your support so that our "Honor Recovery and Reparations" will take place.
If the world ignores "rule under the law", it is natural to settle it by terrorism.
But it's crazy.

1. Foreigners carried out "illegal labor" other than "qualification of residence".
But foreigners are not guilty.
Only foreigners were punished for immigration control law Article 70 "illegal labor crimes".
On the other hand, the Immigration Control Law punishes employers
who are "causal relationships" of unlawful labor
with Article 73-2 of the Immigration Control Act (a crime that promotes unlawful work).

However, Japan's judiciary "punished" only foreigners, but did not "punish" "employers".
This is clearly against the "rule of equality under the law"
And it violates international law that prohibits "punishing" only foreigners "arbitrarily".

If an employer who has illegally employed foreigners is "innocent",
then illegally worked foreigners are also "innocent."
If so, there is no "one who has assisted other crimes in criminal law"
against Article 70 of the Immigration Control Act.
"I, KinGungaku, a diplomat from the Philippines,
and a Philippine embassy official" are not guilty.

2. Prosecutors "apply" "the crime to support other crimes" of Article 60
and Article 62 of the Penal Code against Article 70 of the Immigration Act
on the basis of "support of Article 22-4-4 of the Immigration Act" It's crazy.
This is the logic of the law is wrong.

Foreigners have acted as stipulated in Article 22-4-4
(Acquisition of status of residence by filing false documents).
However, there is no "criminal punishment" for this.
The dispositions are "cancellation of status of residence"
and "deportation abroad" by the Minister of Justice.
Therefore, "Criminal Code Article 60
and Article 62" Sins to support other crimes "can not be applied.
The "crime reasons" of the Immigration Control Act 22-4-4 pointed out
by the "indictment" have no causal relationship with the Immigration Control Act 70.
Indeed, the logic of the law is wrong.

The Japanese government is crushing "prosecution."
But "crush" by the state power is "stop" of "Statute of limitations".
The documents are below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
There are many victims in the world.

Best regards. Yasuhiro Nagano


Request to ICC ** ****

I have already submitted documents of complaints.
This mail is an additional document.
Please contact me with the progress status of the investigation.
Please request the missing material.

My information ** ****

We are publishing at the following program.
http://momotato-samurai.seesaa.net/



Name Yasuhiro Nagano Yasuhiro Nagano




For uncertainties, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 06:16| Comment(0) | 国連・ICC・大使館・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【桃太郎 日韓の関係は「冬の時代」ではなく、永久凍土の関係で良いと思う!】 韓国では日本へのテ〇は正当な抗議手段?親子でこうも違う、

【桃太郎 日韓の関係は「冬の時代」ではなく、永久凍土の関係で良いと思う!】
韓国では日本へのテ〇は正当な抗議手段?親子でこうも違う、


協定で送った5億が共産党に流れていたと言うね
それで南朝鮮は日本に金出したと言い張ってる
法治の意味がわからないまま日本の敗戦で棚ボタ式に
国家と呼ばれる分断紛争地域とまともな国交があるわけないよ
韓国軍のF15は日本の領土の地図が出ない設定です‼
アメリカ製のプログラムで韓国軍機には日本の領土が出ないように作られています‼
アメリカはそこまで韓国人を警戒しているのです‼
ですから竹島の地図は出ません‼
ロシアの領空侵犯は嘘ですよ‼

シェア元タイトル
韓国では日本へのテ〇は正当な抗議手段?親子でこうも違う、平成・令和2つの河野談話!
シェア画像動画URL
https://youtu.be/40yayfEAYuY
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年7月23日は 大 暑(たいしょ)、立秋までの期間。小暑から数えて15日目頃。「だいしょ」ともいいます。梅雨明けの時季で、夏の土用もこの頃。いよいよ本格的な夏の到来です。大暑って文字を見ているだけで汗が噴出してきそうな名前ですね。最も暑い頃という意味ですが、実際の暑さのピークはもう少し後になります。
★おはようございます。今日のホワイトハウスの写真です。米国も選挙が近かづくと「小泉劇場」にような「ビジネス政治ショー」が「メディア」を動かす。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/07/POTD-July-29-1200x796.jpg
※起訴状をみてください。訴因 と適用法がすり替わっています。1)日本語の原文は http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf  2)私の翻訳は http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf  文末に「茶色」で私のコメントを書いています。このコメントを読んでいただければ、理解できます。「入管法」は http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4  
●貴女がこれを「拡散」してくれると私は強くなれる。http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 
★<注目>私は、2つのことを「訴えて」います。これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して刑法の60条および62条の「ほう助罪」を「適用」することは「クレイジー」です。これは法の論理が狂っている。詳しくは、http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
posted by 長野トミー at 04:21| Comment(0) | 政治・社会・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【桃太郎 第二次天安門事件にならないように、どうせ中国政府は隠蔽に徹するでしょう。!】 香港資本の流出が激増 GDPは1%を維持できるか

【桃太郎 第二次天安門事件にならないように、どうせ中国政府は隠蔽に徹するでしょう。!】
香港資本の流出が激増 GDPは1%を維持できるか


・香港が中国化すれば、先を競って資本が逃げ出し、
・香港人は、監視カメラの人認識システムで戦うことも出来ず、
・現在の中国人と同じになる。
・戦えば、香港版64天安門事件になる。
そうなる前に、戦うしかない。
まあ、当然そうなるでしょうね。
台湾だけでなくマレーシアやシンガポールにも移して行くでしょう。
だから長期化するといけないんです、市民側に不利なんです。
そのうち食物にも困るようになりますよ。
英語の読み書きのできる香港民はフル動員で世界に呼びかけないといけません。
指導者がいないのも残念ですね。

シェア元タイトル
香港資本の流出が激増 GDPは1%を維持できるか|香港経済|香港デモ|hongkong
シェア画像動画URL
https://youtu.be/eoHfe18ZZr4
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年7月23日は 大 暑(たいしょ)、立秋までの期間。小暑から数えて15日目頃。「だいしょ」ともいいます。梅雨明けの時季で、夏の土用もこの頃。いよいよ本格的な夏の到来です。大暑って文字を見ているだけで汗が噴出してきそうな名前ですね。最も暑い頃という意味ですが、実際の暑さのピークはもう少し後になります。
★おはようございます。今日のホワイトハウスの写真です。米国も選挙が近かづくと「小泉劇場」にような「ビジネス政治ショー」が「メディア」を動かす。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/07/POTD-July-29-1200x796.jpg
※起訴状をみてください。訴因 と適用法がすり替わっています。1)日本語の原文は http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf  2)私の翻訳は http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf  文末に「茶色」で私のコメントを書いています。このコメントを読んでいただければ、理解できます。「入管法」は http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4  
●貴女がこれを「拡散」してくれると私は強くなれる。http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 
★<注目>私は、2つのことを「訴えて」います。これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して刑法の60条および62条の「ほう助罪」を「適用」することは「クレイジー」です。これは法の論理が狂っている。詳しくは、http://oyazimirai.hatenadiary.jp/

posted by 長野トミー at 04:20| Comment(0) | 政治・社会・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【桃太郎 共同通信記者が北側地域を取材した。】 北朝鮮側で観光客が急増 板門店の共同警備区域!

【桃太郎 共同通信記者が北側地域を取材した。】
北朝鮮側で観光客が急増 板門店の共同警備区域!



6月30日に韓国と北朝鮮、米国の首脳が一同に会した板門店の共同警備区域(JSA)。
共同通信記者が北側地域を取材した。

シェア元タイトル
北朝鮮側で観光客が急増 板門店の共同警備区域
シェア画像動画URL
https://youtu.be/vefhTt94MPc
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年7月23日は 大 暑(たいしょ)、立秋までの期間。小暑から数えて15日目頃。「だいしょ」ともいいます。梅雨明けの時季で、夏の土用もこの頃。いよいよ本格的な夏の到来です。大暑って文字を見ているだけで汗が噴出してきそうな名前ですね。最も暑い頃という意味ですが、実際の暑さのピークはもう少し後になります。
★おはようございます。今日のホワイトハウスの写真です。米国も選挙が近かづくと「小泉劇場」にような「ビジネス政治ショー」が「メディア」を動かす。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/07/POTD-July-29-1200x796.jpg
※起訴状をみてください。訴因 と適用法がすり替わっています。1)日本語の原文は http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf  2)私の翻訳は http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf  文末に「茶色」で私のコメントを書いています。このコメントを読んでいただければ、理解できます。「入管法」は http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4  
●貴女がこれを「拡散」してくれると私は強くなれる。http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 
★<注目>私は、2つのことを「訴えて」います。これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して刑法の60条および62条の「ほう助罪」を「適用」することは「クレイジー」です。これは法の論理が狂っている。詳しくは、http://oyazimirai.hatenadiary.jp/

posted by 長野トミー at 04:20| Comment(0) | 政治・社会・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【桃太郎 自民批判!】空港で35億円の金塊強奪 偽装警官ら人質と逃走 金塊が警察官になりすました8人組の男らに盗まれました。


【桃太郎 自民批判!】空港で35億円の金塊強奪 偽装警官ら人質と逃走
金塊が警察官になりすました8人組の男らに盗まれました。


ブラジルの最大の空港で35億円相当の金塊が盗まれました。
犯人は人質を取って逃走しています。 
ブラジル最大の都市サンパウロの空港で25日、750キロ、
35億円相当の金塊が警察官になりすました8人組の男らに盗まれました。
男らは偽の警察車両で貨物ターミナルに侵入し、
ライフルで職員を脅して金塊を車両に詰めさせて逃げたということです。
地元メディアなどによりますと、男らは犯行の前日の夜に空港関係者の家族を人質に取り、
金塊の保管場所を聞き出したということです。
金塊はスイスとニューヨークに輸送される予定でした。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

シェア元タイトル
空港で35億円の金塊強奪 偽装警官ら人質と逃走(19/07/26)
シェア画像動画URL
https://youtu.be/DCENwzDsxfI
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年7月23日は 大 暑(たいしょ)、立秋までの期間。小暑から数えて15日目頃。「だいしょ」ともいいます。梅雨明けの時季で、夏の土用もこの頃。いよいよ本格的な夏の到来です。大暑って文字を見ているだけで汗が噴出してきそうな名前ですね。最も暑い頃という意味ですが、実際の暑さのピークはもう少し後になります。
★おはようございます。今日のホワイトハウスの写真です。米国も選挙が近かづくと「小泉劇場」にような「ビジネス政治ショー」が「メディア」を動かす。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/07/POTD-July-29-1200x796.jpg
※起訴状をみてください。訴因 と適用法がすり替わっています。1)日本語の原文は http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf  2)私の翻訳は http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf  文末に「茶色」で私のコメントを書いています。このコメントを読んでいただければ、理解できます。「入管法」は http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4  
●貴女がこれを「拡散」してくれると私は強くなれる。http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 
★<注目>私は、2つのことを「訴えて」います。これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して刑法の60条および62条の「ほう助罪」を「適用」することは「クレイジー」です。これは法の論理が狂っている。詳しくは、http://oyazimirai.hatenadiary.jp/

posted by 長野トミー at 04:19| Comment(0) | 政治・社会・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする