2019年03月31日

ホワイトハウスのウサギ有難う【トランプ大統領からのメール返信 2019-03-31】



ホワイトハウス、ワシントン 2019年3月30日
  

ホワイトハウスに連絡していただきありがとうございます。 私たちはあなたのメッセージを慎重に見直しています。

ドナルド・J・トランプ大統領は、私たちの国の強みはアメリカ国民の精神と、情報を得て関わり続ける意欲にあると考えています。 トランプ大統領は、あなたが手を差し伸べるために時間を割いていることを感謝します。

敬具

大統領通信事務局


https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/02/POTD-Februrary-21-2019.jpg-1200x800.png

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/


【Reply by e-mail from President  Trump 2019-03-31】


March 30, 2019
 
Thank you for contacting the White House. We are carefully reviewing your message.
President Donald J. Trump believes the strength of our country lies in the spirit of the American people and their willingness to stay informed and get involved. President Trump appreciates you taking the time to reach out.
Sincerely,
The Office of Presidential Correspondence

https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/02/POTD-Februrary-21-2019.jpg-1200x800.png


● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 07:20| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 国際社会の皆さま。日本は今や“悪魔の国家”です。 「BBC」や「世界のメディア」はこのことを特集で報道すべきです。 「大スクープ」です。


<公開メール> #metoo 人権被害者です!


拝啓 国際社会の皆さま。


日曜版、2019年03月31日 :
偽装留学生を、「食いもの」にする日本!。
3年間で留学生1400人が「失踪」した「東京福祉大学」の闇!。
4月の「就労ビザ」を緩和する直前に発覚しました。
日本は今や“悪魔の国家”です。
「BBC」や「世界のメディア」はこのことを特集で報道すべきです。
「大スクープ」です。


拝啓。この事件は入管法の24-4-4条の「幇助」を「組織的」に行っています。
「留学生」を「単純労働者」として雇用するために、入管を管理する「法務省」、
大学を管理する「文部科学省」は「共謀」しています。
そして何より「検察」」と「警察」と「裁判所」が「共謀」しています。

この事件を理解する前に、私の事件を紹介します。
2010年、日本の大学を卒業した中国人4名が「在留資格以外の違法な労働」をしました。
中国人4名は入管法70条の「違法な労働」で「処罰」されました。
私は中国人4名に「虚偽の書類」を「提供」した「理由」で「処罰」されました。
処罰は入管法70条に対して刑法の60条および62条を適用しました。
私が裁判官の「判決の理由」を紹介します。
1.「私とKin Gungaku」が「共謀」をして中国人に「虚偽の書類」を渡した。
「虚偽の書類」とは「内容が虚偽の雇用の契約の書類」です。

2.それで中国人は「虚偽の書類」を「入管」に提出することで「 status of residence」を得られた。(参考 1)。

3.それで、中国人は日本に在留することができた。

4.それで、中国人は「違法な労働」をすることができた。

5.よって、「虚偽の書類」の提供と「違法な労働」は、明確に「因果関係」がある。

これと同じことが2014-2015年にフィリッピ大使館で発生しています。
フィリッピン大使館の職員や外交官が逮捕されて「prison sentence」になりました.

「参考1」:入管法24-4-4条で規定しています。
「虚偽の書類を提出して在留資格を得たものは在留資格を取り消す」
これは「処罰」」ではありません。
法務大臣が「在留資格を取り消す」、そして、「強制送還」すると規定されています。
それで私は、
「私やフィリッピン大使館職員や外交官」への刑法の60条および62条の適用は
「適用する法律の誤り」だと主張をしています。
そして「名誉の回復と賠償」を求めています。

次に「東京福祉大学」のことです。
「東京福祉大学」は「虚偽の書類=虚偽のletter of acceptance 」を留学生に「提供」しています。
「失踪」した「留学生1400 人」は、どこかで「違法な労働」をしています。
「そうすると」、大学の関係者は入管法70条に対する刑法の60条および62条の適用です。

彼らが「適用法の違反」を認めないのなら大学の関係者を逮捕すべきです。
「違法な労働」の人数が1400人ですから、4人の中国人と比較すると人数が違いすぎます。
当然、「逮捕」すべきです。

しかし「東京福祉大学」の関係者を逮捕することはないと思います。
私の論理では「無罪」です。

世界のメディアは「To pursue」べきです。
「東京福祉大学」の刑事責任です。
私達は、入管法70条に対する刑法の60条および62条の適用でした。

「法務省」は「逮捕できない」と、言うでしょう!。
そうであれば、「私やフィリッピン大使館の職員や外交官」は「無罪」です。
私達は「False charge」です。
価値のある「スクープ」になります。

歴史が変わります。

「東京福祉大学」の事件は下記のURLでご覧ください。
http://news.livedoor.com/article/detail/16217314/
「週刊SPA!」編集部。

私は日本の「適用法違反」で泣いています。
「起訴状」では、中国人の入管法70条違反に対して、
私の犯罪理由として入管法の24-4-4条を指摘します。

世界の皆さん!あなたの周りにいる日本政府の被害者を救済してください!

被害者は、日本で「在留資格」以外の活動で「違法に働いた」外国人です。
彼らは入管法70条の「違法な労働」で逮捕されて
「a prison termの刑」や「罰金の刑」などの「刑事処分」を受けています。

そして「強制的に送還」させられた外国人です。
このことは昨日書きました。

前記の外国人の「違法な労働」を「支援」した罪で第三者を逮捕しています。
被害者は私や「中国人であるKin Gungaku」です。
他に、フィリッピン大使館の職員やフィリッピン国の外交官が被害者です。
もっと、被害者がいると思いますが、私は情報を知りません。

「違法な労働」をした外国人に「雇用の契約書類」を渡した者は第三者です。
「違法な労働」とは関係がありません。
検察は「Indictment」で次のように言います。

私が外国人に「内容が虚偽の雇用契約書類」を渡した。
外国人は「内容が虚偽の雇用契約書類」を添付して「在留資格」が容易に得られた。
外国人は「在留資格」が得られたので日本に在住で来た。
外国人は日本におられたから「違法な労働」ができた。
だから外国人の入管法70条「違法な労働」に対する罪として、
「刑法の60条および62条」の「他の犯罪を支援した罪」を適用します。

入管法70条「違法な労働」に対する「支援の罪」は入管法73-2条の「不法な就労を助長する罪」で規定しています。

検察の「犯罪理由」は入管法22-4-4条「虚偽の書類の提出による在留資格の取消」に規定されています。
その処罰はありません。「在留資格」が取り消されるだけです。
そして「強制的に送還」されます。

仮に「虚偽の書類」で在留資格を得ても、「在留資格」の範囲で働けば「違法な労働」」ではありません。
私やフィリッピン外交官に対する刑法の62条や62条の適用は「適用法」の誤りです。
これは、完璧な「False charge」です。

被害者は、各国の政府やメディアに申請してください。
各国の政府やメディアは日本政府に「名誉の回復」と「賠償」を求めてください。

各国政府や大使館が日本政府に抗議できない場合は「ICC」に捜査を要求してください。
(日本政府のハニートラップに陥るのは「やめて」ください。)

この事件は、大学等で[法学のテキスト]としてご使用ください。
(学生は日本の馬鹿な司法のレベルが理解出来ます)

被害者は世界各地にたくさんいます。「ICCへの提訴」を支援してください。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

上記の翻訳文書は不正確ですので、メールにて問い合わせをして下さい。

敬具  長野 恭博


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp




#metoo Human rights victim!


Dear Sirs International people.


Sunday version, 31 March 2019:
Japan that makes camouflaged foreign students "food"!
Darkness of "Tokyo welfare university" that 1400 foreign students "disappeared" in 3 years.
It was discovered just before relieving the "working visa" in April.
Japan is now a "devil's nation".
"BBC" and "media of the world" should report this in the feature.
It is a "large scoop".


Greetings. In this case, the "help" of Article 24-4-4 of the Immigration Act is "organized".
The Ministry of Justice, which manages immigration control,
and the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology,
which manages universities, are collusion
in order to employ "international students" as "simple workers."
And above all, "prosecutors", "police" and "court" are "collusion".

Before I understand this affair, let me introduce my case.
In 2010, four Chinese who graduated
from a Japanese university did "illegal work other than status of residence".
Four Chinese were "punished" for "illegal labor" under Article 70 of the Immigration Act.
I was "punished" for the "reason", which provided "false documents" to four Chinese.
The punishment applied Article 60 and Article 62 of the Penal Code to Article 70 of the Immigration Act.
I will introduce the judge's "reason for judgment".
1. "I and Kin Gungaku" made a "collusion" and gave a "fake document" to the Chinese.
"False documents" are "documents of contracts of false employment".

2. Therefore, the Chinese were able to obtain "status of residence"
by submitting "false documents" to "immigration". (Reference 1).

3. So, Chinese were able to stay in Japan.

4. So the Chinese were able to do "illegal labor".

5. Therefore, the provision of "false documents"
and "illegal labor" have a clear "causal relationship".

The same thing happened at the Philippine Embassy in 2014-2015.
Officials and diplomats of the Philippine embassy were arrested and became "prison sentence".

"Reference 1": It is regulated by Article 24-4-4 of Immigration Act.
"If you submit false documents and get status of residence, you will cancel your status of residence"
This is not a "punishment".
It is stipulated that the Minister of Justice "cancels the status of residence" and "forced repatriation".
So I insist that the application of Articles 60 and 62
of the Penal Code to "I, the Philippine embassy staff and diplomats" is "a misapplication
of the applicable law".
And we are seeking "restoration of honor and compensation".

Next is "Tokyo welfare university".
"Tokyo welfare university" "provides" false documents = false letter of acceptance to foreign students.
The “disappeared” “1400 foreign students” are doing “illegal labor” somewhere.
"If so," the university official is the application
of Article 60 and Article 62 of the Penal Code to Article 70 of the Immigration Act.

If they do not admit "violation of applicable law", you should arrest university officials.
Because the number of "illegal labor" is 1,400, the number is too different compared to four Chinese.
Naturally, you should "arrest".

However, I do not think that I arrest the people concerned of "Tokyo welfare university".
It is "no guilty" in my logic.

The media of the world should be "To pursue".
It is criminal responsibility of "Tokyo welfare university".
We were the application of Articles 60 and 62 of the Penal Code to Article 70 of the Immigration Act.

"The Ministry of Justice" will say "can't be arrested"!
If so, "I and the staff and diplomats of the Philippine embassy" are "innocent."
We are "False charge".
It will be a valuable "scoop".

History changes.

Please see the case of "Tokyo welfare university" in the following URL.
http://news.livedoor.com/article/detail/16217314/
"Weekly SPA!" Editorial department.

I am crying because of the "application law violation" in Japan.
In the "prosecution", for the violation of Article 70 of the Chinese immigration control law,
I point out Article 24-4-4 of the immigration control law as my criminal reason.

Everybody in the world, rescue the victims of the Japanese government around you!

The victims are foreigners
who "worked illegally" in activities other than "Certificate of Residence" in Japan.
They are arrested for "illegal labor" under Article 70 of the Immigration Control Act
and are subject to "criminal sanctions" such as "a prison term punishment" and "a fine punishment".
And they are foreigners who have been forced to repatriate.
I wrote this yesterday.

We arrest a third party for "supporting" the aforementioned "illegal labor" of foreigners.
The victims are me and "Kin Gungaku who is Chinese".
Other victims are officials from the Philippine embassy and diplomats from the Philippines.
I think there are more victims, but I do not know the information.

It is a third party who has handed out “contract documents for employment” to foreigners
who have “illegal labor”.
It has nothing to do with "illegal labor."
The prosecution says in Indictment as follows.

I handed the foreigner "Employment Contract Documents with False Content".
Foreigners were able to easily obtain the status of residence
by attaching “Employment Contract Documents with False Content”.
Foreigners came to live in Japan because they got “Certificate of residence”.
Foreigners were able to do "illegal labor" because they were in Japan.
Therefore, as a crime against Article 70 "illegal labor" of the immigration control law of foreigners,
"the crime that supported other crimes" of "Articles 60 and 62 of the Penal Code" applies.

Article 70 of the Immigration Act "Sins for Support" against "illegal labor" is prescribed
in "Sins promoting illegal work" of Article 73-2 of the Immigration Act.

The "crime reason" of the prosecution is stipulated in Article 22-4-4
of Immigration Act "Revocation of Status of Residence by Filing False Documents".
There is no punishment for that. Only the status of residence is cancelled.
And "forced repatriation" will be.

Even if you get a status of residence with “false documents”,
if you work within the scope of status of residence, it is not “illegal labor”.
The application of Article 62 and Article 62 of the Penal Code to me
and the Philippine diplomat is an error of "the applicable law".
This is a perfect "False charge".

Victims should apply to the governments and media of each country.
Governments and media in each country should ask the Japanese government for "restoration of honor"
and "reparations".

If governments and embassies can not protest the Japanese government,
request an investigation from the ICC.
(Please stop from falling into the Japanese government's honey trap.)

Please use this case as a text of law at a university etc.
(Students can understand Japan's stupid judicial level)

There are many victims all over the world. Please support "Appeal to ICC".

The documents are below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

The above translated document is incorrect, please contact us by email.

Yours sincerely Nagano Yoshihiro


For uncertainties, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp



posted by 長野トミー at 07:19| Comment(0) | 政治・社会・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日のつぶやき
















































































































































































posted by 長野トミー at 00:01| Comment(0) | 政治・社会・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

ホワイトハウスのウサギ有難う【トランプ大統領からのメール返信 2019-03-30】ドナルド・J・トランプ大統領は、私たちの国の強みはアメリカ国民の精神と、情報を得て関わり続ける意欲にあると考えています。 トランプ大統領は、あなたが手を差し伸べるために時間を割いていることを感謝します。 敬具

【トランプ大統領からのメール返信 2019-03-30】

ホワイトハウス、ワシントン 2019年3月29日
  

ホワイトハウスに連絡していただきありがとうございます。 私たちはあなたのメッセージを慎重に見直しています。

ドナルド・J・トランプ大統領は、私たちの国の強みはアメリカ国民の精神と、情報を得て関わり続ける意欲にあると考えています。 トランプ大統領は、あなたが手を差し伸べるために時間を割いていることを感謝します。

敬具

大統領通信事務局


https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/03/March-28-2019-1200x800.jpg

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/


【Reply by e-mail from President  Trump 2019-03-30】



March 29, 2019
 
Thank you for contacting the White House. We are carefully reviewing your message.
President Donald J. Trump believes the strength of our country lies in the spirit of the American people and their willingness to stay informed and get involved. President Trump appreciates you taking the time to reach out.
Sincerely,
The Office of Presidential Correspondence

https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/03/March-28-2019-1200x800.jpg


● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 07:08| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 国際社会の皆さま。誰でも言います。これは明かに適用法の違反です。 日本弁護士連合会は「日本弁護士連合会にあなたを支援する力がない」と言います。 世界の「法律の専門家」の皆様!助けてください!

<公開メール> #metoo 人権被害者です!


拝啓 国際社会の皆さま。


土曜版、2019年3月30日 :
ドナルド・トランプ大統領!おめでとうございます。
「ロシア疑惑の捜査の報告書」と「新たな訴追なし」の知らせに、
ドナルドトランプ支持者が「集結」して「No collusion(共謀なし)の日」を祝った。
「アメリカを 再び 偉大に」! 
日本に、も「No collusion の日」が来て欲しい。


拝啓。私は日本の「適用法違反」で泣いています。
「Indictment」では、中国人の入管法70条違反に対して「私の犯罪理由」として入管法の24-4-4条を指摘します。
私は事実と違いますが「Indictment」を「認めて」も、よい。
しかしこれが、どうして、刑法の60条および62条ですか?。

誰でも言います。これは明かに適用法の違反です。
日本弁護士連合会は「日本弁護士連合会にあなたを支援する力がない」と言います。
世界の「法律の専門家」の皆様!助けてください!

ロバート・ムラー特別検察官が、
2016年米大統領選にまつわる「ロシア疑惑」の捜査報告書を提出した翌日の3月23日。
この時点で報告書はまだ非公開だったが、新たな訴追はないという話が伝わると、
ニューヨークにあるトランプ・タワーの外では、
ドナルド・トランプ米大統領の支持者数百人が「『共謀なし』の日」を祝った。
5番街にあるトランプ・タワーの外に集まった支持者たちは、
「アメリカを再び偉大に」と書かれた巨大な横断幕を振り、「No collusion(共謀なし)」と叫んだ。
「アメリカは決して社会主義国家にはならない」と書かれたプラカードを掲げラれていた。

私はアメリカ国民が、「反社会主義」であることを「嬉しく」思いました。
アメリカ国民が「社会主義の独裁国家」である「中国」に「憎悪を持っている」ことに「感謝」をします。
私はドナルドトランプ大統領はアメリカ国民の声に答えて
「中国」に対して「強硬な政策」を「おこなう」ことを「期待」します。
対中国との貿易では、即座に貿易赤字を解消して「アメリカのドル」を中国に「プレゼント」しないでください。

中国からの輸入が減れば、アメリカの労働者の仕事が増えることが期待できます。
「ドル」が中国に渡らなければ、中国は軍備の増強が難しくなります。
アメリカの安全保証がより強固になります。

支持者たちは家族総出で「トランプ2020」の横断幕を振り、
ベビーカーに乗った赤ん坊たちまでが「MAGA」のロゴ付き野球帽を被っていた。
アメリカ国民は、ドナルドトランプ大統領の再選を確信したようですね。

ドナルドトランプ大統領はアメリカ国民の期待に応えるために、
メキシコ国境のアメリカ側を「特別地帯」として、中国に対抗できる新しい工業地帯を建設してください。
世界から「貧困の民」を「暫定移民」として「特別地帯」に受け入れてください。
「特別地帯」はアメリカの労働者を豊かにすると同時に、世界の貧困者を豊かにします。
アメリカの「特別地帯」から世界に向けて「アメリカ製品」が輸出される日が一日も早く来ることを期待します。
アメリカを再び世界の工場にしてください。
そうすれば、アメリカは再び、英国、フランスやドイツと仲良くなれるでしょう!

ドナルドトランプ大統領!「アメリカを再び偉大に」!Ganbare!

明日に続きます。

被害者は、日本で「在留資格」以外の活動で「違法に働いた」外国人です。
彼らは入管法70条の「違法な労働」で逮捕されて「a prison termの刑」や
「罰金の刑」などの「刑事処分」を受けています。
そして「強制的に送還」させられた外国人です。

ほとんどの場合、この外国人を違法に雇用した雇用者は入管法73-2条の
「不法な就労を助長する罪」で処分されず無罪です。
これは外国人を「差別的に処分」することを禁止している国際法に違反しています。
「違法な労働」は外国人一人ではできません。
外国人を違法に雇用した「雇用者」が「無罪」であれば外国人も「無罪」です。

被害者は、各国の政府やメディアに申請してください。
各国の政府やメディアは日本政府に「名誉の回復」と「賠償」を求めてください。

私は外国人を「雇用」していました。2008年に「リーマンショック」がありました。
私は外国人の雇用を中止しました。外国人は資格外の労働ををしたので逮捕されました。
私は外国人の入管法70条違反の「支援の罪」で「処罰」されました。
これは「False charge」です。フィリッピン大使館職員や外交官も「被害者」です。
続きは明日の「日曜版」に書きます。

各国政府や大使館が日本政府に抗議できない場合は「ICC」に捜査を要求してください。
(日本政府のハニートラップに陥るのは「やめて」ください。)

被害者は世界各地にたくさんいます。「ICCへの提訴」を支援してください。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/  

上記の翻訳文書は不正確ですので、メールにて問い合わせをして下さい。

敬具  長野 恭博


https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/02/POTD-Februrary-7-2018-1200x800.jpg


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp




#metoo Human rights victim!


Dear Sirs International people.


Saturday version, March 30, 2019:
President Donald Trump! Congratulations!
Proponents of Donald Trump "gathered" and celebrated the day of "No collusion"
in the "Report of investigation of alleged allegations of Russia" and "New no prosecution".
"Making America great again!" I want Japan to also have a "No collusion day".


Greetings. I am crying because of the "application law violation" in Japan.
"Indictment" points out Article 24-4-4 of the Immigration Act as "the reason
for my crime" against the violation of Article 70 of the Chinese Immigration Act.
I am not a fact, but it is also good to "acknowledge" "Indictment".
But why is this, Article 60 and Article 62 of the Penal Code?

Everyone says. This is clearly a violation of applicable law.
The Japan Bar Association says that the Japan Bar Association has no power to support you.
All of the "legal experts" in the world! Help me!

March 23rd,
the day after the special prosecutor Robert Muller presented the investigation report
of "Russian suspicion" related to the 2016 US presidential election.
At this point, although the report was not yet disclosed,
it was informed that there were no new prosecutions.
Hundreds of supporters of US President Donald Trump, outside of Trump Tower
in New York, said, "No conspiracy Celebrated the day.
The supporters who gathered outside Trump Tower in Fifth Avenue screamed "No collusion",
waving a huge banner with the text, "Making America Great again".
The placard was written saying, "The United States will never become a socialist state."

I felt "happy" that the American people are "anti-socialism".
I am grateful that the American people have "hatred" in "China,"
a "socialist dictatorship."
In response to the voices of the American people,
I will "expect" President Trump to carry out a "hard policy" against "China."
In trade with China, do not immediately eliminate the trade deficit
and “gift” the “US dollar” to China.

If imports from China decrease, we can expect more work for American workers.
If the 'dollar' does not reach China, it will be difficult for China to strengthen its arms.
Security in the United States will be stronger.

The supporters shook the banner of "Trump 2020" with the whole family,
and even the babies in the stroller wore a baseball cap with the "MAGA" logo.
It seems that the American people are convinced that Donald Trump will be re-elected.

In order to meet the expectations of the American people,
President Donald Trump should create a new industrial zone that can compete with China,
with the American side of the Mexico border as a "special zone."
Please accept "poverty people" from the world as "temporary immigration" in "special zones".
The "special zones" enrich American workers and at the same time enrich the world's poor.
We hope that the day when American products are exported
from the "special zone" of America to the world will come as soon as possible.
Make America the factory of the world again.
That way, the United States will get along again with Britain, France and Germany!

Donald Trump President! "The United States will be great again!" Ganbare!

I will continue tomorrow.

The victims are foreigners who "worked illegally"
in activities other than "Certificate of Residence" in Japan.
They are arrested for "illegal labor" under Article 70 of the Immigration Control Act
and are subject to "criminal sanctions" such as "a prison term punishment" and "a fine punishment".
And they are foreigners who have been forced to repatriate.

In most cases, the employer who has illegally employed this foreigner is not punished
for being guilty of "crimination for promoting unlawful work"
under Article 73-2 of the Immigration Act.
This violates international law that prohibits "discriminately disposing" foreigners.
"Illegal labor" can not be done by a single foreigner.
If the "employer" who illegally hires a foreigner is "innocent," the foreigner is also "innocent."

Victims should apply to the governments and media of each country.
Governments and media in each country should ask the Japanese government for "restoration of honor"
and "reparations".

I "employed" foreigners. In 2008, there was a “leman shock”.
I stopped hiring foreigners. Foreigners were arrested because they worked outside the qualifications.
I was "punished" for "support crimes"
in violation of Article 70 of the Immigration Control Act of foreigners.
This is "False charge". Philippine embassy officials and diplomats are also "victims."
The rest will be written in the "Sunday edition" of tomorrow.

If governments and embassies can not protest the Japanese government,
request an investigation from the ICC.
(Please stop from falling into the Japanese government's honey trap.)

There are many victims all over the world. Please support "Appeal to ICC".

The documents are below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

The above translated document is incorrect, please contact us by email.

Yours sincerely Nagano Yoshihiro


https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/02/POTD-Februrary-7-2018-1200x800.jpg

For uncertainties, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp




posted by 長野トミー at 07:08| Comment(0) | 政治・社会・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする