2018年12月31日

ホワイトハウスのウサギ有難う【トランプ大統領からのメール返信2018-12-31私は議会に対し、私たちの国の安全と繁栄に影響を与える重大な問題に適切に対処する処分法を直ちに可決するためにワシントンに私を再参加させるよう強く要請します。


ホワイトハウス、ワシントン 2018年12月30日
  

政治を脇に置いて私たちの国の安全を第一にする代わりに、議会の民主党員は妨害し続けてきました。 そうすることで、彼らはアメリカの国境を確保し、部分的な政府の閉鎖を防ぐために十分な資金を提供する常識的な法律を可決するために共和党と集まることを拒否しました。

私はこのプロセスを通して述べてきたように、私たちの政府を再び開き、私たちの国の国境が安全で安全であることを保証する合意を見つけることにコミットし続けています。

私は議会に対し、私たちの国の安全と繁栄に影響を与える重大な問題に適切に対処する処分法を直ちに可決するためにワシントンに私を再参加させるよう強く要請します。

メールありがとう。

敬具

ドナルド・トランプ

https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/11/POTD-November-29-2018-1.jpg

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/


【Reply by e-mail from President  Trump 2018-12-31】


December 30, 2018

 
Instead of setting politics aside and putting the safety of our country first, Democrats in Congress have continued to obstruct. In doing so, they have refused to come together with Republicans to pass commonsense legislation that provides adequate funding to secure America's borders and prevent a partial government shut down.
As I have said throughout this process, I remain committed to finding an agreemnet that reopens our Government and ensures that our Nation's borders are safe and secure.
I urge Congress to rejoin me in Washington to immediatly pass appropriations legislation that properly addresses the critical issues affecting our Nation's security and prosperity.
Thank you for your email.
Sincerely,Donald Trump

https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/11/POTD-November-29-2018-1.jpg

● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 08:57| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 国際社会の皆さま。 年末&年始版2018年12月31日 : 今年1年、ありがとうございました。来年も宜しくお願いします。 ICCは日本政府のハニートラップに「落ちている」のですか。ICCを「糾弾」してください。


拝啓 国際社会の皆さま。


年末&年始版2018年12月31日 :
今年1年、ありがとうございました。来年も宜しくお願いします。
ICCは日本政府のハニートラップに「落ちている」のですか。ICCを「糾弾」してください。


拝啓。ICCへの申し立ての要約を「聞いて」ください。
組織的なものの一部としては、
この犯罪者は、警察官、検察官、裁判官、弁護士です。
そして、マスメディアなど、も、です。
まさに国家ぐるみの犯罪です。

このような国家ぐるみの不法な犯罪に対して、
国民や外国人は、可能な手段がありません。

もし私たちが権力に対して対抗するならば、テロ行為しか、ないのでしょうか。
ICCの存在意義は嘘です。
ICCは「テロ」を推奨する国際機関でしょうか。
あなた方、も、「テロリズム」で解決すべき、と、言うのですか?。

新年に、続きます。
来年は良い年でありますように!
私はあなたが理解するまで続けます。

私はこの事件では2つのことを「主張」しています。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
外国人だけが、入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。
しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」して、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。
「不法に雇用した雇用者」が無罪であるならば、「違法に働いた外国人」は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.「起訴状」」は、犯罪の理由として、
入管法22-4-4条(虚偽の書類を提出することによる在留資格の取得)を指摘しています。
しかし、これに対する刑事処罰はありません。
処分は、法務大臣による「在留資格の取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の他の犯罪を支援する罪」は適用できません。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

被害者は世界にたくさんいます。
あなたの勇気と正義でたくさんの被害者を「支援」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者への賠償」を日本政府に求めています。

敬具 長野 恭博


資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

上記の翻訳文書は不正確ですので、メールにて問い合わせをして下さい。

敬具 長野 恭博


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp




#metoo Human rights victim!


Dear Sirs International people.


End of Year & New Year 's December 31, 2018:
Thank you very much this year.
I hope to see you next year. Is ICC "falling" in the Japanese government's honey trap?
Please condemn the ICC.


Dear sirs. Please "listen" to the summary of the ICC complaint.
As part of organizational,
These criminals are policemen, prosecutors, judges,
lawyers. And, such as mass media, too.
It is exactly a crime of a nation.

In response to such an illegal crime of nation,
Citizens and foreigners have no means available.

If we compete against power, is there only act of terrorism?
The significance of existence of ICC is a lie.
Is ICC an international organization that recommends "terrorism"?
Do you say that you should solve with "terrorism"?

Continue to the New Year.
I hope next year will be a good year!
I will continue until you understand.

I've "claimed" two things in this case.

1. Foreigners conducted "illegal work" other than "qualification for residence".
But a foreigner is innocent.
Only foreigners were punished with Article 70 of the Immigration Act "Sins of illegal labor".
On the other hand, the Immigration Control Act punishes employers
who are "causal relationships" of illegal work with the Immigration Act 73-2
(a crime that promotes illegal employment).
However, Japan's judiciary "disposses" only foreigners and does not dispose of employers.
This obviously violates "principle of equality under the law"
And it violates international law prohibiting conscious disposal only of foreigners.
If "an employer who illegally employed" is innocent,
"a foreigner who worked illegally" is innocent.
If so, there is no one "who supported other crimes of criminal law"
against Article 70 of the Immigration Act.
"I, KinGungaku, a diplomat in the Philippine country,
a staff member of the Philippine Embassy" is innocent.

2. "Prosecution letter" "as a reason for crime,
It points out the Article 22-4-4 of the Immigration Control Act
(Acquisition of status of residence by submitting false documents).
However, there is no criminal penalty against this.
Disposition is "cancellation of status of residence" by "Minister of Justice"
and "compulsory withdrawal to foreign countries".
Therefore, "crime to support other crimes of criminal law" can not be applied.

The Japanese government is "crushing" complaints.
But "crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".

The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

There are many victims in the world.
Please "support" a lot of victims with your courage and justice.
I am asking the Japanese government to "recover honor"
and "compensate for victims" of the victims.

Sincerely yours, Yasuhiro Nagano


For uncertainties, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp




posted by 長野トミー at 08:56| Comment(0) | 政治・社会・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【桃太郎 攻撃されても遺憾で済ませるのか】覚悟の無い防衛大臣に即刻交代を求める!! 高須克弥氏が放った一言に賛同の嵐! 皆で自民党を下野させよう!




相手が米国だったらって 米国にやるわけないじゃん 遺憾で終わる国だからやるんだよ
この分だと 攻撃されても遺憾で済ませそうだね
韓国人の入国拒否
そして在日は追放
絶対にやってください
悔しい!何故反撃しない?
殺られる前にやらんと韓国は何してくるかわからん。
どれだけ装備を強化しても、これでは国防は出来ない。
覚悟の無い人間は防衛大臣には不向き。即刻交代を求める!!!


シェア元タイトル
自衛隊機へのレーダー照射に高須克弥氏が放った一言に賛同の嵐!相手が米国だったら...
シェア画像動画URL
https://youtu.be/3VGVcdUTQKM
シェアURL
埋め込みリンク
https://youtu.be/3VGVcdUTQKM

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2018年12月22日は【冬至(とうじ)】太陽が最も低い位置にあり、1年で最も夜が長く、昼が短い日です。太陽の力が一番弱まる日ですが、翌日からは再び強まるということから、運が向いてくるとされています。また、冬至かぼちゃ、冬至がゆ、柚子湯などで、厄払いや無病息災を願う風習があります。
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/12/45473832275_65dfee1ecd_o-1200x800.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!

posted by 長野トミー at 05:33| Comment(0) | 政治・社会・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【桃太郎 日本政府は即 経済制裁と竹島 釜山沖に艦砲射撃せよ!】 韓国軍のレーダー照射の釈明がツッコミどころ満載で一同苦笑!そんな軍艦あり得ない!!




息を吸っても吐いてもウソしか言わないし
自衛隊は竹島沖で訓練やればいい 遠慮なんか要らないよ 日本の領海の中なのだから
ええっと、国際法的には完全に「戦闘行為(威嚇)」ですので、開戦宣言なしの戦争行為ですね。
外務省はすぐに「邦人帰国命令」を出しましょう。其の一週間後に「断交」で。

…静かに閉じよう朝鮮人の未来。
海上自衛隊は、早く「ズゴック」を配備して敵国艦船の船底と喫水線に穴を開けてやりましょう!

シェア元タイトル
韓国軍のレーダー照射の釈明がツッコミどころ満載で一同苦笑!そんな軍艦あり得ない!!
シェア画像動画URL
https://youtu.be/b7T-BAnySWo
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2018年12月22日は【冬至(とうじ)】太陽が最も低い位置にあり、1年で最も夜が長く、昼が短い日です。太陽の力が一番弱まる日ですが、翌日からは再び強まるということから、運が向いてくるとされています。また、冬至かぼちゃ、冬至がゆ、柚子湯などで、厄払いや無病息災を願う風習があります。
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/12/45473832275_65dfee1ecd_o-1200x800.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!

posted by 長野トミー at 05:32| Comment(0) | 政治・社会・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【桃太郎 宣戦布告しといて何かを言ってるだあ!】 レーダー問題 →「日本の反応は度を超している」



逆なら喚くんだろう❓
本当に早く憲法改正をしないとナメられるだけですね❗
FCS用レーダーを捜索に普通は使わないって。

そもそも国際法上、FCS用レーダー照射を受けた場合、即攻撃してもおkになってる。
それ故、FCS用レーダーを使って捜索活動に使わないって。つか、相手は木造船なんじゃ………。

個人的には、自衛隊を出すのはもっと後でかな・・・。制裁するなら、
昨今の事を踏まえ、
先ず、日本国内の金融機関に対して、
韓国債やCBを自己資本に入れることを禁止し、
韓国系金融資産全額を減損処理をさせる。
特亜以外に対して、スワップ増額。
石油製品、化学製品などの輸出規制。(特に、HF、冷媒ガス、TACフィルム、
半導体製造装置、重機やエンジンなどの基礎工業製品)
在日は強制退去命令。

このあたりを検討するだけでトリプル暴落するから、弱らせてからでも十分。
むしろ武器無しでも十二分に勝てる事を立証させる方が、後々、有利になると思う。

シェア元タイトル
レーダー問題 →「日本の反応は度を超している」
シェア画像動画URL
https://youtu.be/MYuLHj3U-Us
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2018年12月22日は【冬至(とうじ)】太陽が最も低い位置にあり、1年で最も夜が長く、昼が短い日です。太陽の力が一番弱まる日ですが、翌日からは再び強まるということから、運が向いてくるとされています。また、冬至かぼちゃ、冬至がゆ、柚子湯などで、厄払いや無病息災を願う風習があります。
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/12/45473832275_65dfee1ecd_o-1200x800.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!

posted by 長野トミー at 05:31| Comment(0) | 政治・社会・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする