2019年03月26日

ホワイトハウスのウサギ有難う【トランプ大統領からのメール返信 2019-03-26】ドナルド・J・トランプ大統領は、私たちの国の強みはアメリカ国民の精神と、情報を得て関わり続ける意欲にあると考えています。 トランプ大統領は、あなたが手を差し伸べるために時間を割いていることを感謝します。


ホワイトハウス、ワシントン 2019年3月25日
  

ホワイトハウスに連絡していただきありがとうございます。 私たちはあなたのメッセージを慎重に見直しています。

ドナルド・J・トランプ大統領は、私たちの国の強みはアメリカ国民の精神と、情報を得て関わり続ける意欲にあると考えています。 トランプ大統領は、あなたが手を差し伸べるために時間を割いていることを感謝します。

敬具

大統領通信事務局


https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/02/POTD-Februrary-21-2019.jpg-1200x800.png

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/


【Reply by e-mail from President  Trump 2019-03-26】


March 25, 2019
 
Thank you for contacting the White House. We are carefully reviewing your message.
President Donald J. Trump believes the strength of our country lies in the spirit of the American people and their willingness to stay informed and get involved. President Trump appreciates you taking the time to reach out.
Sincerely,
The Office of Presidential Correspondence


https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/02/POTD-Februrary-21-2019.jpg-1200x800.png


● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 07:13| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 国際刑事裁判所 御中 2019-03-26:私は、アメリカの脅威である「核の拡散」を止めるためには、アメリカが強くなることだと思います。 ドナルドトランプ大統領はアメリカ経済を強くすることで北朝鮮の非核化は実現できます。 簡単なことです。


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


拝啓 国際刑事裁判所 御中


2019-03-26:私は、アメリカの脅威である「核の拡散」を止めるためには、アメリカが強くなることだと思います。
ドナルドトランプ大統領はアメリカ経済を強くすることで北朝鮮の非核化は実現できます。
簡単なことです。


拝啓。メディアは報じている。
3月15日、北朝鮮の「崔善姫(チェ・ソンヒ)「外務次官」」は首都の平壌で声明した。
金正恩(キム・ジョンウン)委員長はアメリカとの「非核化協議」を中止して、
核・ミサイルも実験を再開するかもしれない、

ロシアのタス通信は、崔善姫(チェ・ソンヒ)氏がアメリカを非難したと報じた。
彼は「我々は、アメリカ側のいかなる要求に屈するつもりも、
そのような交渉に積極的に取り組むつもりもない」と述べ、
アメリカは「ギャングのような立場を取った」と言った。

トランプ氏は自分の手腕を「自慢」していた。
「金委員長に核・ミサイルの実験を中止させることができた」。
北朝鮮もそれは承知している。
北朝鮮はこの外交戦術をアメリカの反応を引き出そうと期待しているのかもしれない。
崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官が
「金正恩氏とドナルド・トランプ氏の個人的な関係性を相変わらず称賛した」ことは注目に値する。
つまり、外交の扉はまだ開かれているということだ。
その代わりに、崔善姫(チェ・ソンヒ)氏はアメリカを前より頑なにしたと、
マイク・ポンペオ国務長官とジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を非難した。

米国と北朝鮮の問題は、北朝鮮(最近では朝鮮半島)の「非核化」です。
米国が1945年に日本に原爆を投下した後、核は世界に一気に広がった。
旧ソ連が49年に核実験を実施したのを皮切りに英国やフランス、中国といった戦勝国が「追随」した。

現在、核実験を公式に成功させた国は8カ国である。
そのうち核拡散防止条約(NPT)で核兵器保有の資格を国際的に認められた核保有国は
アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国の5か国(いわゆる五大国)である。
それ以外(NPT非批准)の核保有国はインド、パキスタン、北朝鮮の3カ国である。
他に、核保有が確実視されている国にはイスラエルがあり、
核開発の疑惑国にはイラン、シリア、ミャンマーなどがある。

アメリカはベトナム戦争で核兵器を使わなかった。
ロシアのプーチン大統領が2014年春の「ウクライナ危機」において、
「核兵器を使う用意があった」と明言した。

米国の影響力低下と中国の台頭で世界の勢力図が塗り替わりつつある。
このような状況において各国の指導者は「計算が働いて」います。
彼らは「核のカード」を使うことで「発言力」を強くしようとしています。

「核の拡散」はアメリカの脅威です。
「核の拡散」を止めるためには、アメリカが強くなることが重要だと思います。
アメリカは「核を開発する国」とは「国交を断絶」するべきです。
アメリカおよび同盟国は「核を開発する国」やその貿易相手国に対して「経済制裁」を行うべきです。
そしてアメリカおよび同盟国は中国などの独裁国家とは貿易をするべきではない。
(上記の核を開発する国とは5大国以外の国です)。

これができればドナルドトランプ大統領は「ノーベル平和賞」です。

ドナルドトランプ大統領が、北朝鮮の非核化を実現するには、アメリカを強くするしかありません。
メキシコ国境の米国側を、特別地帯として、世界の工場にしてください。
アメリカに世界中の富の多くを集めることです。

ドナルドトランプ大統領!Ganbare!

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を「糾弾」してください。
皆さん、この問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。

明日に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、
皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が入管法22-4-4条の支援を理由として、
入管法70条に対して刑法の62条「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。
しかし、入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博



ICCへお願い ***************************************************

私は、告訴の資料は、すでに提出しております。
このメールは、追加資料です。
捜査の進捗状況を私にご連絡ください。不足資料はご請求ください。


私の情報 ***************************************************

下記のプログにて公開しております。
http://momotato-samurai.seesaa.net/

郵便番号
住所 Japan
名前 YasuhiroNagano長野恭博

メール


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*******************************************************************



#MeToo Human rights victim!


To International Criminal Court


2019-03-26: I think that in order to stop the "nuclear spread" which is the American threat,
it is that America will become strong.
President Donald Trump can realize the denuclearization of North Korea by strengthening the US economy.
That's easy.


Greetings. Media has reported.
On March 15, North Korea's Deputy Foreign Minister,
Choi Sung-hee, made a statement in the capital city of Pyongyang.
President Kim Jong Eun may discontinue "denuclearization talks" with the United States,
and nuclear and missiles may also resume testing,

Russian Tas news reported that Choi Sung-hee accused the United States of America.
He said, "We do not intend to succumb to any demands of the American side,
or to actively engage in such negotiations," said the United States as "a gangster-like position."

Mr. Trump was "bragging" of his skills.
"We were able to stop the testing of nuclear and missiles by Chairman Kim."
North Korea also knows that.
North Korea may be expecting this diplomatic tactic to elicit American response.
It is noteworthy that Choi Sung-hee,
the Deputy Foreign Minister, said, “I admired the personal relationship between Kim Jong-un
and Donald Trump.
In other words, the door of diplomacy is still open.
Instead, Choi Sung-hee criticized Mike Pompeo and Secretary of State President John Bolton
(National Security Affairs) for making the United States harder than before.

The problem with the United States and North Korea is the "denuclearization"
of North Korea (more recently, the Korean peninsula).
After the United States dropped an atomic bomb on Japan in 1945, the nucleus spread rapidly
in the world. Starting from the former Soviet Union conducted nuclear tests in 1959,
victorious nations such as the United Kingdom, France and China "followed."

Currently, eight countries have officially succeeded in nuclear testing.
Among them,
five nuclear power states that are internationally recognized as possessing nuclear weapons status
under the Nuclear Non-Proliferation Treaty (NPT) are the US, Russia,
the United Kingdom, France, and China (so-called five major powers).
The other (NPT non-ratification) nuclear power states are India, Pakistan and North Korea.
Another country that is considered nuclear possession is Israel.
Countries suspected of nuclear development include Iran, Syria and Myanmar.

The United States did not use nuclear weapons in the Vietnam War.
Russian President Vladimir Putin has stated that it was “ready to use nuclear weapons”
in the “Ukraine crisis” in the spring of 2014.

With the decline in US influence and the rise of China, the world's power map is changing.
Under these circumstances, the leaders of each country are "calculating".
They are trying to strengthen their "speaking power" by using "nuclear cards".

"Nuclear spread" is an American threat.
I think it is important for the United States to become stronger
in order to stop "nuclear proliferation".
The United States should "discontinue diplomacy" with "a country that develops nuclear weapons."
The United States and its allies should impose "economic sanctions"
on "country developing nuclear weapons" and its trading partners.
And the United States and its allies should not trade with dictatorships such as China.
(The countries that develop the above-mentioned nuclear weapons are countries other
than the five major countries).

If this can be done, President Donald Trump is the "Nobel Peace Prize."

President Donald Trump has no choice
but to strengthen the United States to achieve North Korea's denuclearization.
Make the US side of the Mexican border a special zone, a factory in the world.
It is to collect much of the wealth in the world in America.

Donald Trump President! Ganbare!

Everyone in the world, please denounce the crazy "legal logic" of Japan's judiciary.
Everyone, please address this on the G20 and the UN Human Rights Council.

I will continue tomorrow
I will continue until you understand.

This email also sends the same email to Japanese Prime Minister's Offices,
the LDP, and politicians. They still do not have "justice" to rule Japan under the law.
"Everyone in the international community"!
Stand up to make the world a society where freedom, democracy and human rights are protected.

I "suing" two things.
"International" human rights violations by the Japanese government.
We ask for your support so that our "restoration and reparations" will take place.

1. Foreigners carried out "illegal labor" other than "qualification of residence".
But foreigners are not guilty.

Only foreigners were punished for immigration control law Article 70 "illegal labor crimes".
On the other hand, the Immigration Control Law punishes employers who are "causal relationships"
of unlawful labor with Article 73-2 of the Immigration Act (a crime that promotes unlawful work).

However, Japan's judicial “disposal” only foreigners, but not the employers.
This is clearly against the "rule of equality under the law"
And it violates the international law which forbids only the foreigner to be consciously disposed of.

If an employer who hires a foreigner illegally is innocent,
a foreigner who works illegally is innocent.
If so, there is no “person who has supported other crimes of criminal law”
against Article 70 of the Immigration Control Act.
"I, KinGungaku, a diplomat from the Philippines, a Philippine embassy official" is not guilty.

2. It is "crazy" that the prosecutors "apply" Article 62 of the Penal Code "Sins to Support
Other Crimes" against Article 70 of the Immigration Act for the support of Article 22-4-4
of the Immigration Act. This is the logic of the law is wrong.

Foreigners have acted as defined in Article 22-4-4
(Acquisition of status of residence by filing false documents).
However, there is no "criminal punishment" for this.
The dispositions are "cancellation of status of residence" and "deportation abroad"
by the Minister of Justice.
Therefore, "Criminal Code Article 62, (Sins for supporting other crimes)" can not be applied.
However, there is no causal relationship with Article 70 of the Immigration Act.
The logic of the law is totally wrong.

The Japanese government is crushing "prosecution."
But "crush" by the state power is "stop" of "Statute of limitations".

The documents are below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

There are many victims in the world.
Please "help" many "victims" with "Brave and Justice."
I urge the Japanese government to "recover the honor"
and "compensate for the victims".

Best regards. Nagano Yoshihiro



Request to ICC *********************************************** ****

I have already submitted documents of complaints.
This mail is an additional document.
Please contact me with the progress status of the investigation.
Please request the missing material.

My information *********************************************** ****

We are publishing at the following program.
http://momotato-samurai.seesaa.net/

Zip code
Address Japan
Name Yasuhiro Nagano Yasuhiro Nagano
Mobile phone
Email


For uncertainties, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*********************************************
posted by 長野トミー at 07:13| Comment(0) | 国連・ICC・大使館・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日のつぶやき










































































































































































































posted by 長野トミー at 00:01| Comment(0) | 政治・社会・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

ホワイトハウスのウサギ有難う【トランプ大統領からのメール返信 2019-03-25】ドナルド・J・トランプ大統領は、私たちの国の強みはアメリカ国民の精神と、情報を得て関わり続ける意欲にあると考えています。 トランプ大統領は、あなたが手を差し伸べるために時間を割いていることを感謝します。


ホワイトハウス、ワシントン 2019年3月24日
  
ホワイトハウスに連絡していただきありがとうございます。 私たちはあなたのメッセージを慎重に見直しています。

ドナルド・J・トランプ大統領は、私たちの国の強みはアメリカ国民の精神と、情報を得て関わり続ける意欲にあると考えています。 トランプ大統領は、あなたが手を差し伸べるために時間を割いていることを感謝します。

敬具

大統領通信事務局



https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/02/POTD-Februrary-21-2019.jpg-1200x800.png

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/


【Reply by e-mail from President  Trump 2019-03-25】



March 24, 2019
 
Thank you for contacting the White House. We are carefully reviewing your message.
President Donald J. Trump believes the strength of our country lies in the spirit of the American people and their willingness to stay informed and get involved. President Trump appreciates you taking the time to reach out.
Sincerely,
The Office of Presidential Correspondence

https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/02/POTD-Februrary-21-2019.jpg-1200x800.png


● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 06:53| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 国際刑事裁判所 御中 2019-03-25:ニュージーランドの事件は「メキシコ国境との壁」の問題と本質は同じです。 アメリカは不法移民が入ってくると、いずれ白人たちがこのような事件を起こすと思います。 ドナルドトランプ大統領は、 このような事件を発生させないために「不法移民」の入国を阻止するためにメキシコ国境の"壁”が必要だと、 アメリカ国民に訴えるべきです。各国は移民問題を真剣に再検討すべきです。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


拝啓 国際刑事裁判所 御中


2019-03-25:ニュージーランドの事件は「メキシコ国境との壁」の問題と本質は同じです。
アメリカは不法移民が入ってくると、いずれ白人たちがこのような事件を起こすと思います。
ドナルドトランプ大統領は、
このような事件を発生させないために「不法移民」の入国を阻止するためにメキシコ国境の"壁”が必要だと、
アメリカ国民に訴えるべきです。各国は移民問題を真剣に再検討すべきです。


拝啓。ニュージーランド南部のクライストチャーチにあるイスラム教の礼拝所・モスクで銃乱射事件が起き、50人が死亡しました。
現場からは大量の武器が見つかり、犯行に使われた車からも手製の爆弾が2つ見つかっていて、
警察は、計画的な犯行と見て捜査しています。

ツイッターには、犯行声明とみられる文書が投稿されていることが確認されました。
28歳だと言う男は犯行の動機について、2年も前から計画していた、と彼は文書の中で述べています。
その内容は「移民が白人社会を脅かして侵略している」とする「 general meaning purportのIncident」です。
米連邦捜査局(FBI)の元捜査官でCNNの法執行アナリスト、スティーブ・ムーア氏は「動画の拡散」について述べている。
「私が一般の人々に問いかけたいのはテロリストを支援したいのかということだ」。
「動画をシェアすれば、それはテロリストを支援していることと同じになる」と彼は「注意」を「促した」。

私は「この事件の犯人」の「犯罪の動機」を聞いて、ニュージーランド政府は移民政策を「見直し」するべきであると思います。
ドナルドトランプ大統領の「メキシコ国境との壁」の問題と本質は同じです。
アメリカは不法移民が入ってくると、いずれ白人たちがこのような事件を起こすと思います。
ドナルドトランプ大統領は、このような事件を発生させないために「不法移民」の入国を阻止するために
「メキシコ国境との壁」が必要だと、アメリカ国民に訴えるべきです。

ニュージーランドは経済成長や労働力不足などを背景に、これまで積極的に移民を受け入れてきました。
政府の統計によりますと、2017年7月までの1年間に増加した移民の数は7万2400人で、過去最高となりました。
一方で、移民の増加は住宅価格の高騰などを招いているとして批判の声も出ていて、
アーダーン首相が率いる労働党は移民の増加数を年間3万人程度に抑える方針を示しています。
また近年はイスラム教徒の数も増えています。2013年には4万6149人です、増加の傾向にあります。

これはどこの国も同じです。経済成長を目指すと労働力不足が生じます。
各国はその解決策として国民の生活を無視して移民を受け入れます。
移民の増加は、「自国民」の失業や賃金の低下、生活環境の破壊など様々な問題を生じます。
今回の事件は、ニュージーランド政府の移民政策の結果として発生した事件だと思います。
私は「安価な労働力不足」を解消するための移民や難民の「受入の政策」を提案して、います。
私は各国が経済成長と「移民や難民」の「救済」を考慮して検討してくれることを「期待」します。

動画をシェアについてですが、現在のネット社会では無理だと思います。
なぜならネット社会は「画像」や「動画」を「拡散」することで成り立つシステムだからです。
心配なことは、この事件に対して、イスラム教徒の復讐です。
『旧約聖書・エジプト記・21章』には「Eye for eye, tooth for tooth, hand for hand, foot for foot.」とあります。
日本人は必ず「復讐」します。
日本の常識は「目には目を、歯には歯を」です。
日本の裁判は「殺人」に対しては、「死刑」で「応報」します!

各国の政府は移民問題を真剣に検討すべきです。
グローバル経済では「移民や難民」の受け入れは必要です。
しかし自国民の雇用や生活の安全は「移民や難民」の受け入れより優先すべきです。

各国政府の皆さん!経済成長と自国民の生活の安全を真剣に考えるべきです。Ganbare!

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を「糾弾」してください。
皆さん、日本の人権問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。

明日に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が入管法22-4-4条の支援を理由として、
入管法70条に対して刑法の62条「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。
しかし、入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博


ICCへお願い ***************************************************

私は、告訴の資料は、すでに提出しております。
このメールは、追加資料です。
捜査の進捗状況を私にご連絡ください。不足資料はご請求ください。


私の情報 ***************************************************

下記のプログにて公開しております。
http://momotato-samurai.seesaa.net/

郵便番号
住所 Japan
名前 YasuhiroNagano長野恭博

メール


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*******************************************************************



#MeToo Human rights victim!


To International Criminal Court


2019-03-25: The incident in New Zealand is the same as the "Mexico border and wall" problem.
When illegal immigrants come into the United States,
I think that white people will eventually make such an incident.
President Donald Trump should appeal to the Americans that the "wall"
of the Mexican border is necessary to prevent the entry of "illegal immigrants" in order to prevent such incidents.
Countries should seriously reconsider the immigration issue.


Greetings. A gunshot was fired at an Islamic worship place or mosque in Christchurch,
southern New Zealand, killing 50 people.
A large number of weapons were found in the scene,
and two hand-made bombs were also found in the car used for the crime,
and the police is investigating it as a planned crime.
It was confirmed that a document that appears to be a crime statement has been posted on Twitter.
The 28-year-old man had planned for two years about motives for the crime, he said in a document.
The contents are "incident of general meaning purport" that "immigrants threaten and invade white society".
Steve Moore, a former FBI investigator and CNN law enforcement analyst, has described "spreading video."
"What I want to ask the general public is whether you want to help terrorists."
"If you share the video, it is the same as supporting terrorists," he "prompted" "notice."

When I hear "criminal motives" of "criminals of this case",
I think that the New Zealand government should "re-evaluate" immigration policy.
The essence is the same as President Donald Trump's "Mexico border and wall" problem.
When illegal immigrants come into the United States,
I think that white people will eventually make such an incident.
President Donald Trump should appeal to the American people that "Mexico border
and wall" is necessary to prevent entry of "illegal immigrants" in order to prevent such incidents.

New Zealand has been actively accepting immigrants against the backdrop of economic growth and labor shortages.
According to government statistics, the number of immigrants increased to 72,400 in the year to July 2017,
a record high.
On the other hand, critics say that the increase in immigration has led to soaring housing prices, etc.,
and the Labor Party, led by Prime Minister Ardern,
has indicated a policy to limit the increase in immigration to about 30,000 a year.
Also in recent years the number of Muslims has increased. There are 46,149 people in 2013,
and it is on the increase trend.

This is the same in every country. If you aim for economic growth, labor shortage will occur.
Each country accepts immigration as a solution, ignoring the people's life.
The increase in immigration causes various problems such as unemployment of the “own people”,
decline in wages, and destruction of the living environment.
I think this case is an incident that occurred as a result of the New Zealand government's immigration policy.
I have proposed a policy of accepting immigrants and refugees to eliminate the "lack of cheap labor".
I "expect" that each country will consider in consideration of economic growth
and "relief" of "migrants and refugees".

About sharing videos, I think it is impossible in the current Internet society.
Because the Internet society is a system that can be realized by "spreading" "images" and "videos".
The worrying thing is the revenge of Muslims for this case.
In "Old Testament & Egypt, chapter 21", it says "Eye for eye, tooth for tooth,
hand for hand, foot for foot."
The Japanese always "revenge".
Common sense in Japan is "eye for eyes, teeth for teeth".
Japan's trial "retributes" for "killing" with "death penalty"!

Governments of each country should seriously consider immigration issues.
Acceptance of "migrants and refugees" is necessary in the global economy.
However, the security of employment
and life of the people should be prioritized over the acceptance of "migrants and refugees".

Governments of all countries!
We must seriously consider economic growth and the safety of our people's lives. Ganbare!

Everyone in the world, please denounce the crazy "legal logic" of Japan's judiciary.
Please address Japan's human rights issues at the G20 and the UN Human Rights Council.

I will continue tomorrow
I will continue until you understand.

This email also sends the same email to Japanese Prime Minister's Offices,
the LDP, and politicians. They still do not have "justice" to rule Japan under the law.
"Everyone in the international community"!
Stand up to make the world a society where freedom, democracy and human rights are protected.

I "suing" two things.
"International" human rights violations by the Japanese government.
We ask for your support so that our "restoration and reparations" will take place.

1. Foreigners carried out "illegal labor" other than "qualification of residence".
But foreigners are not guilty.

Only foreigners were punished for immigration control law Article 70 "illegal labor crimes".
On the other hand, the Immigration Control Law punishes employers who are "causal relationships"
of unlawful labor with Article 73-2 of the Immigration Act (a crime that promotes unlawful work).

However, Japan's judicial “disposal” only foreigners, but not the employers.
This is clearly against the "rule of equality under the law"
And it violates the international law which forbids only the foreigner to be consciously disposed of.

If an employer who hires a foreigner illegally is innocent, a foreigner who works illegally is innocent.
If so, there is no “person who has supported other crimes of criminal law”
against Article 70 of the Immigration Control Act.
"I, KinGungaku, a diplomat from the Philippines, a Philippine embassy official" is not guilty.

2. It is "crazy" that the prosecutors "apply" Article 62 of the Penal Code "Sins to Support Other Crimes"
against Article 70 of the Immigration Act for the support of Article 22-4-4 of the Immigration Act.
This is the logic of the law is wrong.

Foreigners have acted as defined in Article 22-4-4 (Acquisition of status of residence by filing false documents).
However, there is no "criminal punishment" for this.
The dispositions are "cancellation of status of residence" and "deportation abroad" by the Minister of Justice.
Therefore, "Criminal Code Article 62, (Sins for supporting other crimes)" can not be applied.
However, there is no causal relationship with Article 70 of the Immigration Act.
The logic of the law is totally wrong.

The Japanese government is crushing "prosecution."
But "crush" by the state power is "stop" of "Statute of limitations".

The documents are below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

There are many victims in the world.
Please "help" many "victims" with "Brave and Justice."
I urge the Japanese government to "recover the honor"
and "compensate for the victims".

Best regards. Nagano Yoshihiro



Request to ICC *********************************************** ****

I have already submitted documents of complaints.
This mail is an additional document.
Please contact me with the progress status of the investigation.
Please request the missing material.

My information *********************************************** ****

We are publishing at the following program.
http://momotato-samurai.seesaa.net/

Zip code
Address Japan
Name Yasuhiro Nagano Yasuhiro Nagano
Mobile phone
Email


For uncertainties, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*********************************************
posted by 長野トミー at 06:53| Comment(0) | 国連・ICC・大使館・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする